intelligenceODB++

が既知の問題を解決。

ODB++は、PCB設計データを製造、実装、検査工程へ受け渡すためのデータ形式として、インテリジェントな単一のデータストラクチャを提供します。異なるフォーマットのファイルをいくつも作成して製造側へ渡すと、製造側では前準備としてそれらのデータを再統合しなければならず、そのために多くの時間とリソースが浪費されます。設計から製造までのフローを通してインテリジェントなODB++を使用することで、時間とリソースが節約できます。さらに、サプライチェーン全体で品質に関するリスクを低減することができます。詳細情報 »

いつでも、だれでも利用可能。

通常、ODB++インタフェースは無料で、CAD/CAMベンダが適宜アップデートします。ODB++フォーマットの仕様は、ODB++ Solutions Allianceを通じて、エンドユーザおよびパートナーに公開されています。ODB++ Solutions Allianceへの参加方法 »

世界で15

年以上の使用実績。

1995年の登場以来ODB++は、世界で大小さまざまなPCB設計/製造企業で導入されてきました。毎年、多くの設計者、製造エンジニアがODB++フォーマットを使用して、数千に上るPCB設計を処理しています。これは、ODB++が現場に適応したデータ形式であることの証です。

業界をリードする

CAD/CAM

ソフトウェア・ベンダによる支援。

ODB++は登場以来、オープンかつ誰でも参加可能なパートナー・プログラムを通じて、CAD/CAMツール・ベンダのコミュニティによる支援を受けてきました。ODB++の開発元であるバロール・コンピューター・システムはメンター・グラフィックスに統合されました。以来ODB++は、「できる限り多くのパートナーによる最大限のサポート」を目指す、さらに強力なコミュニティによって支援されています。

市場のニーズに合わせて進化。

1995年にPCB設計/製造業界に初めて導入されたODB++は、業界のニーズに合わせて何度も改善され、強化されてきました。ODB++フォーマット仕様は、現在リビジョン7です。多くのユーザの要望に応えて、さらなる機能強化が予定されています。

参考情報